脱炭素・持続可能な未来環境へ
「高品質な太陽光発電とO&M」をご提案。
 
太陽光のリスクを知り対策することで、長期にわたり最大発電量を!

太陽光発電販売・施工・メンテナンスなら
未来環境エネルギー計画株式会社にお任せください。

当社は土地探し(土地活用)から事業認定ID申請、設計・施工、アフターメンテナス(O&M)までワンストップで提供しております。そのサービス項目を紹介をいたします。    ■No.1パネル洗浄サービス:パネルを適正な状態に保つ洗浄サービス (4つのNG(洗浄時にやってはい けないこと)をクリアーした安心安全の洗浄)            

■太陽光発電設計・施工(産業用・住宅用・カーポート・営      農型)                        ■フェンス・標識販売設置(改正FIT法準拠)        ■No.1太陽光O&Mサービス:システムの定期点検・補修改修等                               ■農地・遊休地募集:遊休地の活用推進(20年間賃貸契約・売買も可)

■ゼロエネルギーハウス(ZEH)住宅建築支援       などのサービスを行っています。             お気軽にご相談ください。きっとあなたのお役に立てますよう誠心誠意ご対応させていただきます。

ニュース&トピックス

2月8日
経済産業省は7日、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度で、事業者向けの太陽光発電の価格(出力10kW以上)を現在の1kW時当たり21円から、2018年度は18円に引き下げると決めた。(徳島新聞朝刊記事より)
1月10日
住宅用太陽光発電設置の降雪時の落雪事故防止の注意喚起!降雪時には太陽光発電のパネル上に積雪した雪が滑り落ちる危険性があります。特に多く降った時や天気が回復してきたときは屋根の直下に車を止めたり、不用意に軒下を通行したり、子供を遊ばせないように注意してください。
1月1日
新年明けましておめでとうございます。世界は脱炭素社会へ取り組んでいます。日本も二酸化炭素を26%削減を約束しました。いま、世界のビジネスルールが変わりました。再生エネルギー100%宣言の企業が増えてきています。今年もお役に立てますよう、社員一同、皆様とともに歩んでまいります。どうぞよろしくお願いいたします。
12月18日
資源エネルギー庁は住宅用太陽光発電の買い取り期間終了後(2019年以降順次)の基本的な考え方について発表。
 FIT制度による買い取り期間が終了した電源(住宅用太陽光発電)については、法律に基づく買い取り義務はなくなるため、
・電気自動車や蓄電池と組み合わせるなどして「自家消費」すること。
・小売り電気事業者やアグリゲーターに対し、「相対・自由契約で余剰電力を
 売電する
」ことが基本。としている。
12月16日
環境省は2018年度概算要求額を発表。新たに家庭用蓄電・蓄熱導入事業とZEH化等の支援事業に計146億円
 ・住宅用太陽光発電設備(10Kw未満)が設置されている新築・既築住宅に条件により蓄電池・蓄熱設備の補助を行う。
 ・ZEH(ネット・ゼロエネルギー・ハウス)化等により住宅の低炭素化促進事業として各条件を満たした場合補助するという。
11月28
エネルギーマネジメントアドバイザー認定センターのホームページ「受講者の声・合格者の声」欄に私の(吉村)の所感文が掲載されました。
是非ご一読ください。
 
11月7日
11月18日の「全国高校ラグビー選手権徳島県大会決勝戦」の四国放送TV中継を
番組提供させていただくことになりました。
高校ラガーマンの健闘を応援しましょう
 
11月3日
四国電力より〔低圧〕出力抑制PCS切り替えの案内が出されました。これは、低圧太陽光発電所への出力抑制機能付きPCS(パワーコンディショナー)への切り替えを行うよう対策が記載されています。※弊社でも出力抑制対応PCS切り替え対策工事を行いますのでお問合わせください。
10月14日
12日~14日までアスティとくしまで行われた「徳島ビジネスチャレンジメッセ」に出展しました。お陰様で多くの方にご来場いただき充実した3日間でした。今後ともお役に立てるよう頑張ります。
9月18日
ご注意>台風18号で太陽光発電パネルが飛んだり、壊れたパネルは太陽光が当たると発電するため感電の危険があります。むやみに触れないようご注意ください。
9月11日
改正FIT法の「みなし事業認定」者の方へ「事業計画認定」申請は9月30日が締め切りです。申請しないと認定が失効する恐れがあります。まだお済でない方は、お忘れの無いように早めの申請をしてください。
9月8日
資源エネルギー庁がH29年8月31日公布/施行のFIT法施行規則・告示改正のポイントへのアクセスはここをクリックください。

当社のサービス

農地・遊休地借ります

太陽光発電所設計施工販売
(分譲販売案件あります)
 

販売案件準備中

フェンス・標識設置(改正FIT法必須事項です)

No.1太陽光O&Mサービス

ゼロエネ住宅(ZEH)支援
 

準備中

代表者ご挨拶

ごあいさつ

代表の吉村長治です

 あなた(貴社)の大切な資産であり、同時に国のエネルギー社会インフラ設備である「太陽光発電設備」の設置とその資産価値を維持する「アフターメンテナンス」は、20年間の豊富な経験を有する未来環境エネルギー計画にお任せください。

 産業用太陽光発電を所有したいけど土地をお持ちでない方には、土地探しからご希望に沿った太陽光発電システムの設計・施工・アフターメンテナンスまでワンストップでご提供させていただきます。

 住宅用太陽光発電は2030年のゼロエネルギーハウス(ZEH)に向けて、太陽光発電、蓄電池、HEMSの組み合わせがベストになってきます。

 また、H29年4月1日に施行されました改正FIT法対応の事業計画の遂行につきましても、発電事業者様とご契約の上実施させていただきます。

 さて、皆様もご承知の通り、政府(経済産業省)は再生可能エネルギー導入量の目標を2030年までに、日本全体のエネルギーの22~24%を導入する政策です。

 弊社は、未来の社会に向けて太陽光発電だけでなく小型風力発電、バイオガス発電などの再生可能エネルギーを生産することと併せて省エネルギーの重要性を認識しています。

 これからも、再生可能エネルギーと省エネルギーのプロフェッショナルとして、皆様のお役にたてる企業として着実に歩んでまいりますので温かいご支援をお願い申し上げます。   

                                  (平成29年7月)

吉村長治(代表取締役)の略歴

資格

□太陽光発電リスクマネージャー™

□PV施工管理技術者

□リスク診断士

□二級太陽光発電設備保全技術者

□エネルギーマネジメントアドバイザー(第一号)

□蓄電池整備資格者

職  歴

・出光石油化学(出光興産子会社)・ダイケングループ勤務を経て、太陽光発電事業に参入。住宅用・産業用太陽光発電システムの販売・施工・メンテナンス事業を20年間経営。

四国4県に多数の実績あり。現在に至る

所属団体

□一般社団法人 日本PVプランナー協会

□一般財団法人 再生可能エネルギー設備保全技術協会

□一般社団法人 太陽光発電検査協会

□新エネルギーサポーター(全国組織の太陽光発電O&M会員)

□NPO法人 環境エネルギー政策研究所

□徳島商工会議所(エネルギー部会) 

□北島町商工会

「農地・遊休地募集」お問合せ・ご相談フォーム

以下のフォームに必要事項をご記入の上、「送信する」ボタンをクリックしてください。

必須

(例:山田太郎)

必須

(例:sample@yamadahp.jp)

必須

テキストを入力してください

※次の画面が出るまで、4〜5秒かかりますので、
続けて2回押さないようにお願いいたします。

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご確認のうえ、メールにてご連絡ください。

送信先アドレス:info@mirai-ecoene.com